ブドゥル村ジャクサン寺院での奉納

f (kadek ferry) と m (mayumi) が、ガムランと舞踊の指導に通っているウィドヤ・グナ学園の生徒達が、奉納舞踊を行いました。
今回の奉納は、演奏と舞踊。
学園が設立されているブドゥル村にある、ジャクサン寺院です。

Ngayah di Odalan (Karya Agung) 2012 Yayasan Widya Funa Foundation

小学生はガボール舞踊、中学生がレゴン・ラッサム舞踊、高校生がレゴン・ジョボグ舞踊を踊りました。
まだまだ音楽とあわせる事が難しい様で、また、音楽が違った時の対処など慣れていない事もあり、
ハラハラするシーンも多少ありましたが
みな、頑張って踊りきりました。

舞踊以外にも、楽団は「パントゥン・チナ(Tabuh Pantun Cina)」という
タガス・カンギナン地区に伝わる古いスマル・プグリンガンの曲を披露。
スラモ氏(Surama)と、マルダ氏(Marda)が、この忘れられた曲が息を吹き返すように。
と、記憶を呼び起こしながら教えたそうです。
2分ちょっとの、とても短い曲ですが、とてもきれいなメロディーの「パントゥン・チナ」です。

ウィドヤ・グナ学園の子供達は、スマル・プグリンガンの古い曲をはじめ
完全版の長いレゴン・ラッサム舞踊など、大人でも混乱するような、ちょっと難しいものも習っており
限られた練習時間の中で覚えていくので、大変です。
派手な現代曲ばかりでなく、これらの古典曲を
大人になっても忘れず演奏し続けて欲しいな・・・というのが
スラモ氏をはじめとする我々指導側の願いです。

Post of Yayasan Widya Guna

↑TOP↑