秘密の贈りもの

我々 f (kadek ferry)と m (mayumi inouye)の古い友人、ダグ氏から連絡が来た。
オーストラリア出身のダグ氏の友人Mr.J が、バリ島へやって来ているらしい。

Kala Rau Story Dance - Semara and Ratih
コラボレーション・カラ・ラウ舞踊のスマラ神とラティ女神
ボボ・クルタヤサ と m (mayumi)

Mr.Jの家族も、世界各地から徐々に集まり、久々の再会をバリ島で行うのだという。
ところが、ちょうどバリ島で開催されていたAPEC(アジア太平洋経済協力)の会議のため、バリ島の空港が数日間に渡って、規制をうけた。
飛ばない飛行機、着陸不可なので出発を遅らせる飛行機などなど、Mr.Jの家族の搭乗便が、これに当たるかもしれないという。
あらかじめインフォメーションされていた空港規制であるが、道路閉鎖もあったようで、モロに影響を受けてしまうそう。

残念だが仕方ないと電話で話すMr.Jの声に、ダグ氏は心痛んだ。
Mr.Jはバリに来る前が誕生日だったらしいが、仕事が忙しくて、祝っていないという情報を家族からもらったダグ氏は、ちょっとしたサプライズを思いついた。

我々と、数人の友人と1台のバンに楽器を積み込み、Mr.Jが滞在するプライベート・ヴィラ近くに駐車。
音を出さないように楽器をプール・サイドに運び、見つからないように、大慌てで、しかしコッソリ着替えて。
トイレに行くのも、見張り役を立てて、という秘密の準備をして・・・・・

ジャジャーン!!

誕生日のお祝いに、小さなパフォーマンスを行った。

作戦は大成功!
Mr.Jの驚いた顔と嬉しそうな家族達の様子をみて、我々も嬉しくなった。

この夜、我々小さなグループは、
ジャワとバリのガムラン、キーボードのピアノ音を使って数曲のインストゥルメンタルを演奏。
そして、バリの古典仮面舞踊と、コラボレーション舞踊2作を踊った。

Mr.J、お誕生日おめでとうございます!

↑TOP↑