イ・マデ・プトゥラ・ウィジャヤ(アデ)

ade

プリアタン出身の次世代を担う舞踊&演奏家

本名 イ・マデ・プトラ・ウィジャヤ (I MADE PUTRA WIJAYA)
ニックネーム アデ・カマンダヌ (Ade Kamandanu)
  1989年生まれ
  プリアタン村バンジャール・カラー在住
Br. Kalah, Desa Peliatan, Ubud, Gianyar, Bali
職業/ポジション 舞踊家、演奏家、デンパサール芸術大学ISI舞踊科在学中
趣味 バリ舞踊とバリ・ガムランの演奏
舞踊の師匠 Wayan Tutur (Kak Tutur), I Wayan Cerita, I Wayan Jaya Merta
音楽の師匠
(太鼓の演奏技術)
Bpk. Pasek Taman, Kak Rena, Rai Wawang, Yan Ki Palak
芸術に関する経歴
  • 2000年 プリアタン村のグンタ・ブアナ・サリ楽団に入団、バリス舞踊の踊り手として所属し、現役活躍中
  • 2003年 ARMA美術館のグループとしてオランダで開催のインターナショナル・チルドレン・フェスティバルで12公演をこなす
  • 2006年 ギアニャールのホテル&レストラン協会がベトナムのホーチミンで開催のインドネシアズ・アート・ミッション・トリップへ参加。会長チョック・オカ・アルタ・スカワティ(Tjok Oka Artha Ardana Sukawati)の引率のもとウブド代表のグループ員として参加
  • 2008年 ドイツで開催の国際コンテンポラリー・ダンス・フェスティバル に主催者ピナ・バウシュの招聘により単独参加。デュッセルドルフの劇場でクビャール・ドゥドゥック舞踊を踊る
  • 2009年 ジャカルタのクマヨランで開催されたGSP(初代大統領子息グルー・スカルノ・プトラの芸術団)のステージにおいて、グンタ・ブアナ・サリの演奏でバリス舞踊を踊る
  • 2010年 デンパサール芸術大学ISIの学生代表グループ員として、デンマークで行われたグローバル・ボイス・オブ・パーカッションのイベントへ参加
芸術へ対するモチベーション
  家族や社会に芸術を通して貢献できるよう、舞踊と音楽をいつまでも探求し続ける
コンタクト&インフォメーション tel

>> Adeの写真/Adeへのインタビューを読む

  updated:

この記事にコメントする

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

↑TOP↑