影絵師イ・マデ・シディオ氏公演で女性ダラン体験

Wayang Kulit
m (mayumi) – right

バリ島の伝統芸能である影絵「ワヤン・クリット」に参加させて頂きました。

今回、私 m (mayumi inouye)が関わったのは、イ・マデ・シディオ (I Made Sidia) 氏の上演する
「ワヤン・リストリック」という現代的な技術も取り入れた影絵で
自然破壊をテーマにしたストーリーで、海外でも公演した事がある作品とのこと。

その影絵でシディオ氏が語るバリ語(+カウィ語)の台詞に、英語と日本語で解説を入れるというもので、日本語を担当させて頂きましたが、とにかく難しかった!!!

Wayang Kulit
Wayang Kulit

貴重な体験、ありがとうございました!!!


イ・マデ・シディオ(I Made Sidia, S.SP)
1967年生まれ ボナ村出身
影絵師であり、現代舞踊劇のステージのプロデュースなどもこなす多彩なアーティストである

↑TOP↑