NHKドキュメンタリー「旅のチカラ」首藤康之 バリ舞踊

NHK documentary - Tabi no Chikara - ballet dancer SHUTO Yasuyuki
現在流行のデザインの正装選びを手伝う f

2011年2月に、NHKのドキュメンタリー番組の
リサーチと撮影手伝いの依頼を f studio が、受けました。

NHK documentary - Tabi no Chikara - ballet dancer SHUTO Yasuyuki
入念なチェック

バレエ・ダンサーの首藤康之 氏が
アジアの舞踊に触れるという番組で、彼が選んだのがバリ島でした。

NHK側から「世界的に有名なプロ・ダンサー」という説明を受けていたので
適当な先生をつけるわけにはいきません。
そこで、 f (kadek ferry)が選んだのは
バトゥアン村のマンブッド (I Nyoman Budi Artha SSn., M.Si) 氏でした。

マンブッド氏の奥さんプトゥ (Putu Starini) は、 m (mayumi inouye)の舞踊の先生です。
f と結婚する前、 m はプトゥの実家に住みこんで、数年間、舞踊を習っていました。
そこで、マンブッド氏の練習の厳しさも知っており
舞踊のプロ同士としての真剣な練習には適格者である
f へアドヴァイスをしたのでした。

NHK documentary - Tabi no Chikara - ballet dancer SHUTO Yasuyuki
寺院での撮影ではクルーも全員正装が必須

リサーチを2月に開始して、撮影が終了したのが4月
その後も、放送ギリギリの5月まで、細かい情報収集
(番組で間違いが無いため。ディレクターさんの意気込みを感じました)
の、お手伝いが続きました。

放送の方は、既にNHKのBSプレミアムで5月に行われ
海外でもNHKワールドで放映済みです。
うれしいことに、番組の最後に、我々の名前が載せてありました。

御覧になった方も多いと思いますので、番組の内容はここでは割愛させていただきますが
撮影時の写真を少しだけ、ご覧ください。
番組はたった1時間なので
使われなかったシーン(が殆どでしょうか?)も多くありました。
我々にとって、非常に楽しかった撮影現場の思い出の写真を御覧下さい。

首藤康之 Yasuyuki Shuto

Yasuyuki Shuto

Yasuyuki Shuto

首藤康之
チャイコフスキー記念東京バレエ団特別団員。
15歳で東京バレエ団に入団。19歳で「眠れる森の美女」で主役デビュー。
古典作品のみでなく、モーリス・ベジャール振付「M」「ボレロ」など現代振付家の作品にも数多く主演。
「ボレロ」「ザ・カブキ」の出演を最後に東京バレエ団退団後、映画「トーリ」出演など多彩な活動を行う。
バリ島での撮影後は、欧米(英国やドイツ)公演へ。
主演の首藤康之氏は、番組で御覧になる通りの、とても真面目で爽やかな方でした。

↑TOP↑