絵画展オープニングでの公演@アマンダリ

スマル・プグリンガン楽団ダルマ・プルワ・ジャティ

スマル・プグリンガン楽団ダルマ・プルワ・ジャティ

今週は、ウブドのリゾート・ホテル「アマンダリ」で行われた絵画展でパフォーマンスを行いました。

古典バリ芸能と、現代バリ・コンテンポラリー芸能の同時上演でした。
古典は、スマル・プグリンガン楽団ダルマ・プルワ・ジャティ楽団によるレゴン・ラッセムと数曲のインストゥルメンタル。
もう一方は、ポロススニ・グループによるダンスと、ガムラン楽器と西洋楽器のコラボレーションです。

パフォーマンス前のポロススニ・グループ

パフォーマンス前のポロススニ・グループ

alt="絵画展オープニングでの公演@アマンダリ"

左から:アグス、私 m 、プトゥ、プトゥ、アナンダ

レゴン舞踊はトゥナス・マラガウィから、 m の生徒(上記写真、緑の衣装2名)を連れ、ポロススニ楽団のリーダーの娘さんプトゥと一緒に踊りました。

m は、演奏とカラ・ラウ舞踊でのデウィ・ラティー神役。
スマラ神役にはアグス、彼の祖父イ・マデ・ジマット氏がカラ・ラウ役です。

alt="絵画展オープニングでの公演@アマンダリ"

m メイク中

alt="絵画展オープニングでの公演@アマンダリ"

孫の着付を手伝うイ・マデ・ジマット氏

ポロススニ・グループは、このカラ・ラウ舞踊をはじめ、他にも数曲のインストゥルメンタルを準備しました。
全て、ガムラン楽器、ピアノ、サックスを使ったコラボレーションです。

alt="絵画展オープニングでの公演@アマンダリ"

f は、今回もオーストラリアの演奏家ウィロウ・ニールソン氏のサックス演奏と共演しました。
写真はf studioでのリハーサル中。

無事終了、お疲れ様でした!

↑TOP↑