スプリング・ウブドの子供達による公演

f studio のあるバンジャール・カラー地区には、就学前の幼児のためのプレイグループ
「スプリング・ウブド(The Spring Ubud)」があります。
f (kadek ferry)は、ここで週に1回、子供達に創作音楽を教えています。

The Spring Ubud School Peliatan Sharing Day
シェアリング・デイ – The Spring Ubud

今月、スプリング・ウブドは「シェアリング・デイ」を開催しました。
ウブドのサヤン村にあるギャラリーを会場に借りて、これまでの授業の成果を披露します。
会場には子供達の絵画や陶芸作品が展示され、中央に設置されたステージでは
「プラネット(Planet)」という宇宙をテーマにした劇。女の子によるバレエ・ダンス。
「ゴー・トゥ・スリープ・ゲッコー(Go To Sleep Gecko)」という、ヤモリと動物たちの物語劇。
そして、fが教えている創作音楽が披露されました。

The Spring Ubud School Peliatan Sharing Day
リハーサル- The Spring Ubud

この創作音楽、今回子供達は、クルクル(ケントンガン)と呼ばれる
竹でできた楽器を使う「テクテカン」を練習しました。
子供の手の大きさでも持てる、少し小さめの物を準備し、それを演奏しながら
バリの童謡「メオン、メオン(Meong-Meong)」
そして、ジャワの伝統的な子供の唄「チュブラッ、チュブラッ・スゥエン(Cublak-Cublak Suweng)」を唄いました。

The Spring Ubud School Peliatan Sharing Day
クルクル演奏(テクテカン) – The Spring Ubud

子供達のパフォーマンスも、展示されていた作品も、どれも素敵なものでした。
スプリング・ウブド園のヴェロ、スリ、デサッ、そしてワヤンの
多大な努力があっての賜物だと思います。

子供達は、無限の表現の世界を持っていますね。

↑TOP↑